第4次産業革命時代を備える
ソフトウェアとスタートアップ素養教育革新


私たちに便利さをもたらすソフトウェア技術はもう世の中を根本的に変えて行っています。
ソフトウェアは今まで世の中になかった新たな方式で経済システムを動かして、
船舶製造と自動車製造業のような伝統産業の基盤を大きく振っています。
ソフトウェア技術が我々の暮らしを根本的に変える第4次産業革命の時代に
入っているということを、今や肌で感じることが出来ます。

ワイズユー(靈山大)の卒業生は自分も発展し、自分が属した企業を発展させることができなければなりません。
ソフトウェア中心社会でワイズユー(靈山大)は時代の流れに足並みをそろえ、全ての學生たちにソフトウェアを教えます。
ソフトウェアを自分の専攻につなぎ合わせ、新しい時代を備えることにするのです。
これをもとにしてみんなに、スタートアップ素養を育てることにして、自分だけの商品とサービスを作る楽しいことが勉強の現場で起こるようにします。
教育に参加する皆が最良の環境で協業し、交流して生産できるスタートアップ生態環境が提供されます。

どのような製品を作ってこそ成功するかを世界市場の流れの中で探し求めていくことができる人、
世界市場で、自分が売るべき商品についてどうして良いかを説得し、売り果たすことができる人、
人々が是非とも必要とするものが何かと探り出してそれを作ることができる人、
このような事ができる人は、賢明な人であろうと思います。
そして、このような人々は自分が知っていることについて深い自信を持っている人です。
それはまさに私が持っている知識が、そして私がやりこなせることがきっとこの世を利することができるという自信感であろうと思います。
ワイズユー(靈山大)の専攻教育は自分の分野で真の専門家をつくり上げようとする教育です。

知識は現実に深く根付いていなければならないのです。
企業が何を願っているのか、社会が何を望んでいるのかについて、
そして我々が暮している世の中はどういう世の中なのか、
また、私たちは今現在どこにいるのかについて考える深い省察こそ
我々が今学んでいるそのすべてが現実に根付くようにするのです。
これがワイズユー(靈山大)が実現しようとする人文教育です。
私たちと世の中の問題に絶えず疑問を持ってもっと深く知ろうとする
このような教育が実に実用的創造の源泉であるということをワイズユー(靈山大)は信じています。

ワイズユー(靈山大)は若者を愛情で抱きながら彼らの夢と希望を尊重して
これをさらに育てて行こうと思っています。 実用的な学問を学び、志が実現できる大学、
社会の要求を実現するために努力することで、地域社会と国家の発展に寄与する
名門大学としてさらに発展させることにします。

campus map ways to campus